• お問い合わせ

ビジョン・ストーリーを軸とした
プレゼンテーション力向上支援・人事業務支援

ブログ

2014/11/14

相手を見て話すということ(2)

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

こんにちは、ビーユアセルフの岩下宏一です。

寒くなってきましたねえ。

さて、前回の続きです。

相手をきちんと見て話すと、なぜ伝わるようになるのでしょう?

それは、相手の反応を確認することができるからです。

相手を見ながら話していると、自分の話を聞いている相手の反応が、イヤでもわかります。

うなずかれたら、理解してくれているサイン。

首をかしげられたら、どこかに疑問を感じているサイン。

うとうとし始めたら・・・お分かりですよね。

プレゼンでも面接でも、話をするときには、相手の理解度や興味の持ち方を見ながら話す必要があります。

「話し上手は、聞き上手」と言いますよね。

プレゼンでも、実は同じ。

相手の様子をつぶさに見て、いかに多くの情報を得て、今の話に反映させていくか。

それが、大事なのです(^^)。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です