• お問い合わせ

ビジョン・ストーリーを軸とした
プレゼンテーション力向上支援・人事業務支援

ブログ

2014/11/29

話すときの笑顔、鶴瓶さんに見倣おう。

9cb637fc1242321c3ef067ab8b44744b_s

こんにちは、ビーユアセルフの岩下宏一です。

 

画像は、鶴瓶さんにちなんで、折鶴(笑)。

 

話す時は笑顔が大事だと言われます。

私が勝手に尊敬しているパフォーマンス学の第一人者、佐藤綾子先生もそう言っておられます。

 

スマイルの効用や種類の解説は専門的な書籍に譲るとして(笑)、私がいいなあと思うのは、笑福亭鶴瓶さんの笑顔です。

鶴瓶さんが話すのを見ていると、面白いネタを言う前に、必ず自分で思い出し笑いをするんですよね。

「(ムフッ)こないだの話やねんけど・・・」

「(クスッ)こないなことあってんけど・・・」

自分の中に「この話を聞いた人たちに、きっといいことがある!」という思いが生まれていると、自然にこうなると思うのです。

なになに?聞きたい!と、こちらも思いますよね。

 

話し手と聞き手の未来に、どんないいことがあるのか?

それを考えながら、中身を考えることが大事ですね。

具体的に描けていれば、話す前に自分が楽しみになります。

すると、笑顔が出ます。

 

無理に笑顔だけ作ろうとすると、

pto_OS_shadow_114[1]

映画「V・フォー・ヴェンデッタ」のマスクのようになってしまうので、注意しましょう。

怖いです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です