• お問い合わせ

ビジョン・ストーリーを軸とした
プレゼンテーション力向上支援・人事業務支援

ブログ

2014/12/16

人前で話すときにアガらないコツ(1)

33e61c697e626b5bc79fdf88608c79fc_m

 

こんにちは。

ビーユアセルフの岩下宏一です。

このテーマについて、不定期にですが、何回かに分けて書いていこうと思います。

 

人前での話を苦手とする方、けっこういらしゃいますよね。

あなたもそうかもしれません。

その理由を考えて、対策を講じていきましょう。

 

アガる理由その1「多人数に話すのが苦手」

そもそも、数人の会議ならまだしも、10人以上となると、もうそのシチュエーションに緊張してしまうという方がいらっしゃいます。

これには、とてもいい対処方法があります。

「一人ひとりと話すこと」。

 

劇場で、お芝居を見たことがありますか?

役者さんは、舞台のうえで、役者どうしでコミュニケーションを取っています。

自分に話されているわけではないのに、観客はその言葉に説得力を感じますよね。

 

なぜでしょう?

それは、言葉が、「特定の相手に」「明確な意図を持って」話されているからです。

自分にではなくとも、そういう言葉は、はたから聞いていても、真実味と説得力を感じるものです。

 

人前での話も同じ。

「この人たち全員に届けなきゃ!」と思うから、緊張します。

 

まずは、目の前の、この人。

次に、隣の人。

じゃ今度は、その奥の人。

そうやって、一人ひとりと話をしていけばいいのです。

その積み重ねが、聞き手全員に対してのメッセージとなっていき、立派なスピーチが成立するのです。

会場に何人いようが使える、もっとも基本的な考え方です。

 

アガらないコツその1

「一人ひとりと話そう」。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です