• お問い合わせ

ビジョン・ストーリーを軸とした
プレゼンテーション力向上支援・人事業務支援

ブログ

2014/12/17

問いに、触れ続けよう

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_m

 

こんにちは。

ビーユアセルフの岩下宏一です。

 

昨日は、先日まで通っていた社会人講座のクラスメートと小さな忘年会をやりました。

 

そこで出たのが、「いわちゃん(私はそう呼ばれていました)らしさ」という言葉。

クラスでは、いろいろな課題に取り組み、いろいろなチームでワークを行います。

その中で、知らず知らずのうちに、自分が出てしまうのですね(^^)。

自分では意識しない、「らしさ」をいろいろ教えてもらえました。

 

「今の『えっ?』の言い方がものすごくいわちゃんらしい!」とか、本当に細かいことまで。

そっちに「えっ?」です(笑)。

でも、ありがたい話です。

 

さて、今日と明日は、大学3年生相手に、新卒の就職活動についてのお話をさせてもらいます。

とにかく私が言いたいのは

 

「問いに触れ続けよう」

 

ということ。

 

直接的には、エントリーシートや面接官からの質問を指します。

「あなたがやりたいことは?」「社会に何を提供したいですか?」山ほどの問いを受けることになるでしょう。

そうした問いを、その都度真剣に考え、自分の中から答えをひねり出していく。

思わぬ言葉が出て、自分が何かに気づくこともあります。

面接官の反応を見て「ちょっと違うかな」と感じることもあります。

そうした問いにひたすら触れていくことで、自分の仕事観を掘り下げていき、良縁を見つけて欲しいのです。

 

間接的には、いろいろな経験。

授業でも、アルバイトでも、なんでもいいのです。

目の前の「コト」に正対し、それに対して一生懸命に取り組む。

そうすることで、今まで見えなかった自分の一面を、時には他人の指摘にもよって発見することができるのです。

 

「自己分析」は、頭の中でいくら繰り返しても限界があります。

 

行動して、有形無形の「問い」に触れていくことで、おのずと見えてくることでしょう。

 

就職活動は大変ですが、頑張って欲しいです。

少しでもお役に立てますように。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です