• お問い合わせ

ビジョン・ストーリーを軸とした
プレゼンテーション力向上支援・人事業務支援

ブログ

2014/12/22

「価値観ババ抜き」を勉強しました

88cc9945db5e76225391dfd59b1d524a_m

 

こんにちは。

ビーユアセルフの岩下宏一です。

 

昨日の日曜日は「価値観ババ抜き」インストラクター養成講座なるものを受けてきました。

 

「価値観ババ抜き」というのは、コーチ/ファシリテーターの山口雅史氏が作られたカードゲームです。

山口氏は、ビジネスパーソンの主体性開発をライフワークにしていらっしゃるとのこと。

 

ルールは極めて簡単です。

使用するのは、異なる価値観が書かれた60枚のカード。

内容は、「成長」「愛」「秩序」「堅実」「思いやり」「パワー」「プロフェッショナル」「おもしろさ」など、実に様々。

そこから5枚をランダムに選び、ババ抜きを開始します。

人数は4~6人。

 

まずは隣の人から1枚抜きます。

抜かれる側の人は、自分が大事だと思うカードについては渡さなくても構いません。

ただ、5枚中、どれか1枚は抜かせないといけない。

 

抜いた側の人は、自分の手持ちのカードが6枚に増えるので、そこから1枚、捨てないといけません。

 

たとえば、上の5種類、「成長」「愛」「秩序」「堅実」「思いやり」に「プロフェッショナル」が加わったとします。

そこから何を手放すかによって、自分の価値観を見つめなおすことになります。

 

いっぽう、抜かれた側は、4枚に減っているので、場におかれた40枚程度のカードから1枚、気に入ったものを選びます。

 

それを5順ほど繰り返していくと、自らの取捨選択により、大切にしたい価値観が徐々に見えてくる、というわけです。

 

簡単なルールで、実に奥深いゲームです。

よくできているなあ!と思いました。

 

個人的には、他人が捨てる瞬間を見ているときの「モヤッ」が面白いと思いました。

「チームワーク」なんて言葉が捨てられると、「ああ、この人はチームで働くのがキライなのかなあ・・・」なんて勝手に推測してしまいます。

それが、最後にふたを開けてみると、ほかにもっと譲れない価値観があっただけのことだったりします。

 

企業研修などでの他者理解やチームビルディングにも多く使われています。

 

体験の後、講義を受けた結果、なんとインストラクター要請講座修了証をもらえてしまいました!

僕も実施することができるようになりました(^^)。

 

みなさん、そのうち一緒にやってみましょう。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です