• お問い合わせ

ビジョン・ストーリーを軸とした
プレゼンテーション力向上支援・人事業務支援

ブログ

2015/02/13

ウィル・スティーヴン「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」

 

ted3[1]

今日はTEDからです。

ウィル・スティーヴン氏の「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」(笑)。

とにかく見てください。

 

TEDでよく見られるシーンやスライドを、ただ無意味に演じ続けます。

面白いです!

 

 

私の好きな言葉で「言葉は、何を語るかより、誰が語るかだ(byイチロー)」というのがあります。

これには、「誰が、どんな環境で、どんな風に語るか」も含まれるかもしれません。

それっぽく見えて、聞こえてしまいますもんね。

 

TEDはカッコイイのでつい真似したくなりますが、このセット、照明、観客、すべてが融合してTEDらしさを出しているのだと思います。

この環境下でやるから、このスティーヴン氏のパロディもハマるのでしょう。

逆に、このようなTEDでの話し方を、そこらの町の会議室でやったとしても、その通りにはならないし、どこか浮いてしまうかも。

そんなことを感じました。

 

 

伝えたい中身を、素直に語る。

ガワは、そのあと。

ガワだけに着目したプレゼンテーションを見て、やっぱりそう思います。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です